スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CRACK JAW 「Nightout」で名曲発掘! 

CRACK JAW

CRACK JAW 「Nightout」 1985年 Steamhammer Records
この現代的な都会風景ジャケからして、ちょっと期待薄かなぁ~などと
油断しきった横っ腹を貫いた09.Struck By Thunder。出ました、疾走メタル!
徹頭徹尾クサメロで固められた悶絶必死のキラーチューン!VERY GOOD!!
曲中を埋め尽くすこのツインリードによる開放弦ピッキング主体の勇壮メロの嵐が、
まるで荒れた大地を低空飛行しているかのような疾走感を生み出し、3分間という
時間を感じさせない程あっという間に駆け抜ける。これは文句無しの名曲!
1985年作というのもポイント。今どきこのような曲をやっても恐らくベタだの何だの
言われちゃうんだろうが、少なくとも85年時点では結構衝撃的なハズ!
いやーこの曲、現時点の発掘曲中でいちばん好き!あと、六曲目Saracen
インストだが、09.のイントロダクションとして聴くとより美味しく頂けますです。
GAMMA RAYの"Welcome"~"Lust For Life"を彷彿とさせるこの流れ、極ツボ。
スポンサーサイト

STEELTOWER 「Night Of The Dog」で良曲発掘。 

STEELTOWER

STEELTOWER 「Night Of The Dog」 1985年 Mausoleum Records
二曲目Night Of The Dog。なんだかこの曲のリフどこかで聞いた事あるような・・。
そして、この甲高いヴォーカル誰かに似てるような気がしてならないなぁ。うーん。
考え込むことしばし。・・・ハッ!解った!これはHEAVENS GATEのトマス・リトケだ!
調べた結果、なんとこのバンドはトマス・リトケ他、HEAVENS GATEのメンバーが
HEAVENS GATEを結成する前に在籍していたバンドであった。これは全く知らなんだ。
一件落着・・じゃない。決して見逃せない二曲目の既聴感。これは只事ではない。
とりあえずヘブゲのCDを色々聴いてみた所、早速見つかりました!
ミニアルバム「More Hysteria」収録の「Thin, Fake And Bold」。もう、まんま一緒。
これズバリ、原曲の二曲目をベースにタイトル・歌詞をリメイクした楽曲であります。
ライナーノートにはそんなん書いてなかったっすよ。まあいいや。スッキリしたぁ。o(^o^)o

SOUND BARRIER 「Speed Of Light」で良曲発掘。 

SOUND BARRIER

SOUND BARRIER 「Speed Of Light」 1986年 Metal Blade Records
バンド名が「音速」で、アルバムタイトルが「光速」。。実にスピード狂な匂い。
正直煽りすぎたべ。02.Gladiatorはジャーマン風な昔のメロディックスピードメタル。
この米国産とは思えない臭さを発しながらの躍動感ある曲展開がツボい!
ヴォーカルの声質からか、CRIMSON GLORYを彷彿と。奇声ハイトーンは無いけどね。(笑)
そして曲終わりの音の歪み加減でハッとレコード音源であることを気づかされるのであった。

なんとこのバンドはメンバーが全員黒人みたい。別に黒人だからどうって事はないけど、
オール黒人によるバリバリのメタルというのはなんとも珍しいなぁ。というか他に知りませんよ?

TROJAN 「Chasing The Storm」で名曲発掘! 

TROJAN

TROJAN 「Chasing The Storm」 1985年 Roadrunner Records
なんだか検索かけたくないバンド名だなぁ。。ジャケの真顔っぷりには感情移入、と。
一曲目Chasing The Storm。ぐおぉー!出ましたブチ切れゴリ押しパワーメタル!!
この勢い任せの曲展開、心昂ぶる勇壮ギターソロ、勝負どころではすかさずツインリード。
これはもう100%濃縮還元メタルジュース!!栄養満点ですね。
そしてこの爆音が鳴り止んだ直後に襲う、まるで嵐が通り去った後のような虚無感。
この虚無感が大きければ大きいほど名曲という説を、今唱えます。と言うことで名曲入り!
以降も02.Tonight We've Got It Made、04.Hypnotizedとブチ切れパワーメタル多し。
06.Icehouse。メイン部分はキャッチーな曲だが、聴いて欲しいのは後半の疾走パート。
弾きまくりつつ琴線に触れるギターソロは鳥肌モノ!GOOD!
09.Aggressorはここへきてようやくしっとり系か?と思いきや、やはり爆走開始!熱すぎ。
このバンドは休むことを知りません。そしてメタルの作り方を知っている。
素晴らしきアイデンチチーを帯びた、そんな20年も昔のアルバム。

UNIVERSE 「Universe」で良曲発掘。 

UNIVERSE

UNIVERSE 「Universe」 1985年 Sonet Records
某バンドの某名曲の影響バリバリなkey入りのハードロック風な欧州メタル。
02.Stories From The Old Days。なんせ曲中でバンド名言っちゃってますから。(笑)
決め手はこのギターソロ!そうですそうなんです。もうこの世界、開き直るもん勝ちです。
悲しきかな、パクリと分かっていてもこの類には無条件反応なのです。グ、グッド!
歌メロ自体はこの欧州独特の透明感が味わえて普通に良いよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。